タグ » 史跡

合計: 2

笠松湊・渡船場跡の石畳

転ぼ | 2013/9/25 22:42
写真登録: 転ぼ
笠松湊跡を木曽川橋より (1280x956)笠松渡船場 石畳 (1280x956)笠松湊灯台 (1280x878)笠松渡船場 石畳アップ (956x1280)木曽川笠松渡船場跡「石畳」説明 (1280x927)木曽川笠松渡船場跡「石畳」標 (956x1280)
岐阜県重要文化財(史跡) 
 木曽川流域の物資を江戸や大坂に送る時は、笠松や桑名で船積みされていた。相生町から港町にかけて第八車を使用して笠松湊まで荷物を運んだため、車輪がくいこまないように丸石を使って石畳が敷きつめられたといわれる。現在の石畳は明治十一年(1878)の明治天皇巡幸の際に改修され、山石を敷き詰めて石畳としたものである。
 平成19年に従来の石畳の延長下部にも石畳があることが確認され、平成21年に県の重要文化財として追加指定された。全長114m。 
岐阜県 羽島郡笠松町 港町 19
緯度:35.364258 経度:136.762242
QRコード

旧新橋停車場跡

山石 合 | 2014/2/26 22:12
東京都 港区 東新橋一丁目 5-3
緯度:35.666031 経度:139.761447
QRコード
前 | 1 | 次